WEB発の才能がここに集う! 四六判小説レーベル「カドカワBOOKS」

カドカワBooks

毎月10日発売

menu

カドカワBooks

カドカワBOOKS創刊6周年特設サイト

慎重勇者 デスマーチからはじまる異世界狂想曲 蜘蛛ですがなにか 痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。 聖女の魔力は万能です 画像
スペシャル企画 その1 アンケート&キャンペーン実施中
  • アンケート実施中!ご回答いただいた方全員にアンケート ご参加はこちらから
  • 感想ツイートキャンペーン実施中!ご参加いただいた方の中から抽選で毎月3名様に(大)お好きな本3冊プレゼント!!キャンペーン詳細はこちらから
スペシャル企画 その2 6周年を記念した特別な 書き下ろしSS公開中!

カドカワBOOKSの歴代人気作品の
スペシャルSSを公開!
好きなタグを選んで作品をチェックしよう!
新たな作品との出会いがあるかも……?
SSラインナップは12月まで随時追加予定!
お楽しみに!
11月は『聖女の魔力は万能です』『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』などのSSを公開予定

スペシャル企画 その3 6周年を記念して お祝い&お薦めコメントがゾクゾク!

カドカワBOOKS6周年へのお祝いと、
カドカワBOOKS作品に対する熱いコメントをたくさんの方からお寄せ頂きました。
ありがとうございます!

  • カドカワBOOKS 6周年おめでとうございます!
    創刊から様々な作品で楽しませていただきましたが、とくに 『蜘蛛ですが、なにか?』 の印象が強いです。
    出版当時「ヒロインが蜘蛛って、遊び心があるな」と軽い気持ちで読んでみたら、とんでもない!
    予想外の熱いバトルと重厚な世界観のインパクトに打ちのめされ、この隠れた傑作を見出したカドカワBOOKSは慧眼だった!と見る目が変わりました。
    これからも従来の常識にとらわれない斬新な作品を世に出していってください!

    アイコン愛咲優詩 様
  • 祝・カドカワBOOKS6周年! この6年間でカドカワBOOKSからは数々の魅力的なヒロインが誕生してきました。聖女に、悪役令嬢に、極振りゲーマーに蜘蛛……そしてそんな個性豊かな面々にも負けないニューヒロインが 『サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』 の主人公モニカ! まだ若いのに魔術の腕は超一流、けれど普段は引きこもりでコミュニケーション能力は壊滅的……そんな彼女が王子を護衛するため正体を隠して学園に潜入することになったから、さあ大変!
    学園の常識を知らなかったり、口ベタでお礼が言えなかったりして、自己嫌悪に陥ることもしばしば。それでも周囲に馴染もうと頑張って少しずつ成長していくモニカの姿が、とてもいじらしくてかわいらしい。本当は最強キャラなのに読んでいるこちらがつい応援したくなってしまう……。そんな不思議な魅力を持ったモニカの物語はまだ始まったばかり。今後カドカワBOOKSを代表する作品に成長すること間違いなしの大注目な一作です!

    アイコン柿崎憲 様
  • カドカワBOOKSさん6周年おめでとうございます!!
    私が恐らく最初にカドカワBOOKSさんの作品に触れたのは防振りなんですが、それ以降もワクワクする作品たちに出会うことができました。
    今なおたくさんの物語を読者にお届けしてくださっており、私自身も毎月楽しみにしております!
    ここにしか無い、ドキドキワクワクする作品をこれからも楽しみにしております。

    【おすすめ作品】
    痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。

    【おすすめ作品コメント】
    皆が可愛く、強くそして予想外の成長を毎回見せてくれる本作は、単行本作品のハードルとしてとても入りやすい作品だなと思っております!

    アイコン神幸 様
  • カドカワBOOKS6周年おめでとうございます。私が初めて読んだのは2015年頃…大人も楽しめるラノベが多数あり、今でも堪能しています。

    面白い作品が多数あるレーベルなんですが、その中でも耳に残るTVCMでもお馴染み、黒辺あゆみ先生の 『百花宮のお掃除係』 を読んで頂きたく紹介させてください。

    宮廷お悩みを主人公の雨妹が、現代の知識と感性で迷信何それ美味しいの?、とばかりにスパッって解決していくのが爽快な作品です!
    医療知識を生かしていてフィクションとノンフィクションのバランスが絶妙です。テンポ良くて私はいつもあっという間に1冊を読み切ってしまってます。

    後宮にはびこる迷信や権力闘争からの嫌がらせを、吹き飛ばす雨妹の活躍を是非読んでみて欲しいです。
    女性向きかもって思っているあなた。これを機会に読んでみてください。男性だってハマれる面白さですよ。

    登場人物名や料理名が中国語読みで統一されているこだわりも良いですよね。中華ファンタジーの空気に思う存分ひたれます。

    そして 『百花宮のお掃除係』 といえば食です。色気よりも食い気な雨妹が実に美味しそうに食べるんです。しかも出てくる料理が本場中華なお菓子で、糕とか豆花とか炸饅頭とかとか、読んでいるとつい中華街へ行って食べたくなります。中華街に思わず行きたくなるほどな食の魅力です。
    とても素敵な作品なので、是非読んでみてください!

    アイコンkyoikyoi 様
  • カドカワBOOKS6周年、おめでとうございます!
    これまで様々なWeb作品の書籍化をされていて、いつも楽しみにしています。
    今後も、ワクワクするような作品を刊行し続けてください。
    読者の一人として、応援しています。

    ■好きな作品
    いせたべ ~日本大好き異世界王女、求婚からの食べ歩き~
    普通の大学生成彦の元へ、異世界の王女様が求婚しにやってきて、とりあえずローソンに行こうから始まるお話。web版から読んでいた大好きなコメディです。からあげくんが無性に食べたくなる罠にハマりました。時々出てくる異世界の吟遊詩人の詩がシュールなんですよね。

    幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。
    ぼくの成長を優しく見守る自販機の精と、そんな彼女に恋をしてしまったぼくのお話。人じゃない存在へ恋をする切なさに胸がギュッとなりました。男の子が諦められなかった恋の相手を必死に守る姿がとても素敵で、幸せな気持ちになれました。

    スキル『台所召喚』はすごい! ~異世界でごはん作ってポイントためます~
    女子高生聖女のおまけで、うっかり異世界へ召喚されてしまった女の子のお話。主人公が明るく優しいのが好きです。コメディ感も強く楽しめました。K-Bheiブラザーズとかネーミングセンスが素晴らしい。

    蜘蛛ですが、なにか?
    女子高生だったはずの私が授業中居眠りしていて、起きたら蜘蛛に転生していてダンジョンの中にいました、とりあえず頑張って生き抜きます!なお話。蜘蛛が主人公という衝撃がありました。大変な状況でも生き抜く蜘蛛子ちゃん強い。蜘蛛子ちゃんの語りが、軽快で楽しいです。

    サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと
    人見知りで気弱な〈沈黙の魔女〉のお話。気弱で人見知りで小動物っぽいけれど、凄腕な魔女っ子主人公が好みすぎます。初めてのお友達にうれしそうにしているところとか、癒されました。少しずつ人と接していこうと頑張る主人公の今後が楽しみです。

    アイコンサキイカスルメ 様
  • 開業以来一度も工事が終わらない横浜駅は一種の生命体で……というネタツイートに端を発する 『横浜駅SF』 はインターネット的感性を持ったSF小説だ。140字の衝撃から長編小説を書き上げてしまう柞刈湯葉も現代SFに特異な地位を占めるネット時代の作家だろう。これからもカドカワBOOKSにはこういう才能を世に送り出し続けて欲しい。六周年おめでとうございます。

    アイコン新月お茶の会 様
  • 【6周年お祝いコメント】
    カドカワBOOKS創刊6周年おめでとうございます!カドカワBOOKSは男性も女性も楽しめる作品を世に送り出し続けるレーベルとしてこの6年、業界にとっても読者にとっても大きな役割を果たしてきたと思っています。これからも、誰が読んでも面白いと思える作品を世に送り出し続けていかれることに期待しております!

    【好きな作品】
    聖女の魔力は万能です

    【作品コメント】
    本作は男性向けか女性向けかと問われたら、ひとまず女性がターゲットの作品なのだと思います。しかしこの作品、男性が読んでもめちゃくちゃ面白いんですよ……!万能だという聖女の魔力チートが見どころだと思っている方も多いとは思いますが、私自身の一番の見どころは、セイとホークのちょっと牛歩な恋愛事情。いえ、そこに対して野暮なことは言いません。そんな二人の関係性は男性目線から見てもひたすらに『尊い』のだということだけは声を大にして言わせてほしい。アニメも放送され、今後の更なる展開にもいち読者として大いに期待しております!

    アイコンsuzu@ラノベニュースオンライン編集長 様
  • カドカワBOOKS6周年、おめでとうございます。公式HPで「WEB発の才能がここに集う!」と記されている通り、魅力的な作品が集まっているレーベルでいつも楽しく読ませていただいております。
    その中でも特にオススメしたいのが、馬場翁先生の 『蜘蛛ですが、なにか?』 です。蜘蛛型の魔物に転生してしまった主人公が、「それでも生きてやる」とダンジョンで魔物を喰らい、自らを鍛えて異世界を生き抜く話です。
    メインストーリーは主人公の一人称視点で進み、絶望的な状態でも諦めない彼女のノリの良さに救われます。また、他にも存在している転生者の視点や、この世界で生きる人々の視点などが間に挟まることもあり、作り込まれた世界観を感じられるのも魅力的です。
    「主人公が蜘蛛?」と魔物転生モノになれていない方は驚くかもしれませんが、異世界ファンタジーが好きな方には是非読んでほしい作品になっております。

    アイコンちゃか 様
  • ・カドカワBOOKS6周年のお祝いコメント
    カドカワBOOKS6周年おめでとうございます。
    初めて読んだカドカワBOOKSの作品は 『幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。』 でした。あの日ドキドキする恋物語に出会ってから、大好きな 『サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』 をはじめたくさんの素晴らしいカドカワBOOKSの作品に出会えました。これからも素敵な作品に出会えることを楽しみにしています!

    ・オススメの作品コメント
    サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと
    無詠唱で魔法が使える世界唯一の魔法使い・モニカ。でも実は引きこもりで極度の人見知り。そんな彼女が任されたのはなんと第二王子の護衛任務!?
    鬼畜モノクルのルイスさんに怒られながらも任務を頑張る小動物系のモニカ。そんな彼女の健気な姿は見ているだけで癒されます!
    数式と魔術が大好きなモニカが大活躍!今一番面白いファンタジーです!読めばハマること間違いなし!

    アイコン夏鎖芽羽 様
  • カドカワBOOKS創刊6周年おめでとうございます!ライトノベルレーベルの新生として華々しく登場し、 『横浜駅SF』 や 『蜘蛛ですが、なにか?』 のような素晴らしいネット小説を書籍化されたときのことを今でも鮮明に覚えています。また、女性主人公でも『王都の外れの錬金術師』や『聖獣と一緒!』など様々な作品を書籍化しており、大注目しているレーベルであります。

    カドカワBOOKSには素晴らしい作品がたくさんあってなかなか選べないのですが、まず 『幼馴染の自動販売機にプロポーズした経緯について。』 を推したいと思います。カクヨム発で有名なので言うと 『横浜駅SF』 や 『この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる』 など、色々あると思うのですが。最初に書籍化され読んで衝撃を受けたのはこの作品でした。自動販売機の付喪神と病気の母親を持つ少年が出会って、プロポーズするまでのお話です。切なくもほっこりするお話に感動すること必至です。
    最近の作品だと 『聖女をクビになったら、なぜか幼女化して魔王のペットになりました。』 がおすすめです。処刑されてしまった元聖女、刑罰で飛ばされた先で必死にもがいたら幼女化してしまったが、魔王に拾われて…。あとがきに「可愛い」を追求したと描かれている通り幼女と魔王のすれ違いラブコメがとにかく可愛いので、幼女可愛いを補給したいときに読むと良いと思います。とにかく癒やされました。
    悪役令嬢ものは 『お酒のために乙女ゲー設定をぶち壊した結果、悪役令嬢がチート令嬢になりました』 がおすすめです。旧タイトルの「悪役令嬢はお酒の為に頑張る」の通り、転生幼女がお酒を再現するために頑張り続けた結果、チート能力を得てしまった彼女の運命はどうなってしまうのか?悪役令嬢のシャルロッテを中心に、兄のルーカスや義弟のミラ、オーブンレンジのロッテなど個性的なキャラが勢揃いして、悪役令嬢の未来を変えるため頑張る彼女の運命はいかに?Web版はまだまだ連載中なので、どちらも要チェックです!
    最後に、改めて6周年おめでとうございます。これからも面白い作品をたくさん書籍化してもらいたいです。これからもよろしくおねがいします!

    アイコンなろう系VTuberリイエル 様
  • カドカワBOOKSさん創立6周年おめでとうございます!!
    せっかくの機会なのでファンの皆様にカドカワBOOKSさんの作品で僕の一推しのラノベを紹介させてください。
    サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』 幻想的な表紙に惹かれて購入したんですが、想像以上にハマってしまいました。伝説の黒竜を一人で退けた英雄・モニカ。魔術師の頂点でありながら人見知りである彼女のポンコツ学園護衛譚。
    実力を隠して苦手な対話を頑張る小動物のようなモニカと私tueeeっぷりを発揮した時の最強モニカのギャップが最高!
    そしてサブキャラが個性豊かで魅力的(マジで可愛い)のがなんといってもたまらん!!
    是非、この機会にお手にとってみてください!!

    アイコンハーレマーのゆら 様
  • 無限に増殖する横浜駅を探索するSFから蜘蛛に転生した女子高生の冒険譚まで、UGCならではの型に嵌らない面白さを届けてくれるカドカワBOOKSさん!創刊6周年おめでとうございます!

    私の最近のお気に入り作品は、 『サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』 です!
    人前で喋るのが苦手ゆえに、無詠唱魔術を編み出した天才魔術師の女の子が主人公のお話。超絶人見知りなのに、「学園に潜入して王子を護衛せよ」という無茶ぶり任務に挑むことになっててんやわんや!
    魔術師としては最強、しかし人付き合いに関してはポンコツすぎる主人公が奮闘する姿が可愛いすぎて~~!内気ヒロイン好きにはたまらない一作でした!

    これからも、たくさんの輝く才能をWEBから発掘し、私たちに届けてくださるのを楽しみにしています!

    アイコン本山らの 様
  • カドカワBOOKS創刊6周年おめでとうございます!
    まだ6年なの!? とちょっと驚きでした。そう思ってしまうくらい、カドカワBOOKS様から送り出された作品は数多く、それらの中には印象に強く残るものが沢山ありました。
    そして多彩でバラエティに富んでいる物語たちというだけでなく、女性が主人公という作品も多いのも特色だと思ってるんですよね。
    女の子が主体となって活躍するお話を手に取る機会が得やすく、思わぬ良作に巡り合うという意味でも、これがなかなかありがたいものがありました。
    そんな中で私が特に胸を撃ち抜かれたのが、 『ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん』 でした。
    登場人物の男女問わず皆が実に大切な人の為に一生懸命で可愛らしく甘酸っぱい、全員が愛おしくなるハートフルな物語で……うん、とても素敵な作品でした。
    そりゃもうキュンキュンさせられてしまいましたよ!
    カドカワBOOKS様の更なるご発展をお祈りしつつ、こんな素晴らしい物語をこれからも長きに渡って送り出してくれる事を楽しみにしています♪

    アイコン八岐 様
  • 【お祝いコメント】
    カドカワBOOKS、6周年おめでとうございます!

    カドカワBOOKS作品では女性主人公の物語を読むことが多いのですが、いつも新鮮な気持ちで読ませてもらっています。
    出版業界はWEB小説からの書籍化が盛んですが、その中でも『隠れた名作』と出会うことができるのもありがたいです!
    今後も魅力的な物語を出版し続けてください!

    【おすすめ作品コメント】
    今年発売の新シリーズ 『サイレント・ウィッチ 沈黙の魔女の隠しごと』 が特におすすめです!
    本格的なファンタジー世界でありつつ、伏線が見え隠れする学園ミステリーとしても楽しめて、色々なジャンルの美味しいところを凝縮した作品でした!
    なによりも主人公のモニカが必死に頑張る姿が可愛くて思わず応援したくなるんですよね。
    今後の展開がとても楽しみなシリーズです!

    アイコンゆきとも 様

  • カドカワBOOKSさん、6周年おめでとうございます!
    大好きなシリーズが沢山ある推しレーベルさんの記念日にお祝いのコメントを送らせていただける喜びを噛み締めております。
    今後も更なる発展を心より祈っております!

    僭越ながら私の推し作品を3つ、紹介させていただきます。

    一つ目は 『聖女の魔力は万能です』 です。
    ストレスフリーで読みやすく、恋愛偏差値低めな主人公セイと氷の騎士ホーク様の焦れ恋に悶える!
    コミカライズと併せて読むとより一層世界が広がる作品です!

    二つ目は 『役立たずと言われたので、わたしの家は独立します!』 です。
    淡々としているように見えて内に熱いものを秘めている主人公フローラを中心に巻き起こる怒涛の展開に目が離せない……!
    精霊王リベルとの関係性はどう変化するのか、ドキドキが止まりません。
    そして可愛いモフモフな精霊さん達に癒されること間違いなし。コミカライズも始まったばかりで追いつくなら今!な旬の作品です。

    三つ目は 『父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者』 です。
    人間と精霊の間に生まれた主人公エレン。
    家族への愛にあふれ、全力を尽くす姿から目が離せません!
    大切なものを守るため、立ち向かう姿はかっこよく美しい。
    コミカライズではより一層可愛いエレンを堪能できます。是非ご覧あれ!

    アイコンリオン 様
  • カドカワBOOKS6周年おめでとうございます。これまで様々な作品が刊行されてきましたが、私がオススメしたい作品は 『鍛冶屋ではじめる異世界スローライフ』 です。
    この作品のオススメしたいところは主人公エイゾウが、とんでもない業物を作るチート持ちであるにも関わらず、徹底してのんびり生計を立てようとするところです。
    俺TUEEE系になるのではなく、あくまでスローライフを送るという一貫したスタイルがとても好感が持てますし、ゆったりとした心持ちでページを進めることができる作品となっております。
    これからもアニメイト大阪日本橋よりカドカワBOOKSの様々な作品の魅力を発信させていただければと考えております。

    アイコンアニメイト大阪日本橋 角谷 様

  • 6周年おめでとうございます! 個人的には『防振り』のアニメ2期を今か今かと待ちわびております。ともすれば殺伐としがちなオンラインゲームにおいて「みんなが楽しければそれでいいよ!」というスタンスがとても安らぎます。あと、今更ですがモンスターを食べるのはアリなんですか!? そのチャレンジ精神に平伏します。また頭を抱える運営様を見られるのが楽しみです(笑)

    アイコン大垣書店イオンモール京都桂川店 松本 様

  • カドカワBOOKS様、創刊6周年おめでとうございます!!約5年近く新文芸を見てきた中で、私がオススメする作品は 『聖女の魔力は万能です』 です。1巻のあらすじの「放置プレイ!?」というワードに惹かれて、いざ読み進めてみると魔法に掛かったように読む手が止まりませんでした!異世界に勝手に召喚され、「お前は聖女じゃない」と言われながらも頑張って生きていくセイの姿に元気をもらい、男であるにもかかわらずホーク様にキュンキュンさせられてしまいました!!一度読み始めると止まらない、そんな5割増しの魔力を秘めたこの作品はホントにオススメです!!(男性にもぜひ読んでほしい!!)

    アイコン三省堂書店カルチャーステーション千葉店 K 様

  • カドカワBOOKS6周年おめでとうございます。こちらのシリーズはどの作品もキャラが立っており、しっかりとした文章力に裏打ちされた描写で読み応えのあるお気に入りの作品が多いレーベルです。おすすめに挙げさせていただいた 『屋根裏部屋の公爵夫人』 は、男勝りで負けず嫌いのヒロインが、彼女を侮る結婚相手や屋敷の者たちに矜持を見せつけるシーンでは爽快な気持ちになりますし、ラブロマンスもはずしておらず、少ない巻数ではありますが大変濃度の高い作品で、長編映画を見終わったような満足感があります。アニメ化されたばかりの 『聖女の魔力は万能です』 『蜘蛛ですが、なにか?』 など、続きが気になる作品もありますので、ぜひたくさんのタイトルを読んでいただきたいです。

    アイコン書泉グランデ 中冨 様

  • 6周年お祝いコメントということでまずはおすすめ(好きな)作品から…
    最近特に推しているのは
    目覚めたら最強装備と宇宙船持ちだったので、一戸建て目指して傭兵として自由に生きたい
    タイトルがやたら長いことで手を出しにくいという声を良く聞きますがそんな人にこそ一度は読んで欲しい!
    内容的にはスペースシュミレーション風のゲーム世界に転移(?)して途方に暮れるが、
    主人公特有のポジティブ思考により、とある目的と安息の地を求めて宇宙を旅する物語
    旅の途中はなろう系らしくかわいい女の子と何かと縁を作りハーレムを築いていきますが一度戦闘になると宙間戦闘の圧倒的なスピード感と爽快感に胸熱間違いなし!
    前にアニメ化した「ロスト・ユニバース」が好きだった同志たちやゲーム好きの方々にお薦めです。

    ということで、最後となりましたがお祝いの言葉を贈らせて頂きます

    背表紙の驚きの白さで飾った鮮烈デビューから
    数々の作品を世に出してレーベルを支えた作家の先生方
    そして、そんな先生方を時に支え、時にシバキ上げた(!?)編集部のみなさま。

    6周年おめでとうございます!!

    これからも1人の読者として応援していくのはもちろん
    店舗担当者としても最大限協力していきますのでよろしくお願いします!

    アイコン須原屋武蔵浦和店 染森 様
  • カドカワBOOKS様
    この度は創刊6周年おめでとうございます。
    ということは私がライトノベル担当になってから、6年もの年月が経ったかと思うと感慨深いものがあります。ライトノベルといえば文庫が当たり前だったなか、文芸書サイズで出していいのは、まおゆうかログホライズンだけ、なんて思っていましたが、こうして書棚にレーベルとして並んでいる姿を見ると、随分と定着したものです。

    そんな私のオススメしたい作品、というか感謝申し上げたい作品は
    愛七ひろ先生の 『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』 です。

    なぜ感謝したいのかというと
    私にとってこの作品のアニメ化は特別な意味を持つものだったからです。

    2018年の1月にアニメ化されたこの作品は、声優ユニットWake Up,Girls! さんがED曲を担当し、結果的に最後にタイアップした作品となりました。私は遅まきながらワグナー(Wake Up,Girls!のファンのこと)になったため、解散発表前にリアルタイムで触れることのできた唯一の作品だったのです。小説も読み、アニメも見て、千葉県のイベントにも行くことになるのですが、その後、解散発表となり、その日は仕事が手につかなかったのを今でもよく覚えています。

    だからこそ、思ったことがありました。
    応援するということはとても大事なことだと。
    勿論自分が何かをしたから、彼女たちが解散しなかったなんて、傲慢なことは思っていません。
    ただ、そのコンテンツが終わりを迎え、振り返ったときに、自分のしてきた応援に悔いがないものだったと、胸を張れる自分でありたいと、そう思ったのです。

    職業柄、沢山の作品というかラノベは全部を扱うため、どれか一つの作品を推すために時間を割くことはなかなか難しいのですが、でもきっと、それをしてこそ書店員なんです。ラノベ担当なんです。
    スキガスギル作品を全力で推していく。
    それをすることが許された職業なのだから、もっとその好きを伝えていかなければいけない。あれから3年が経ちました。
    少しはそんな私のスキノスキルが成長していれば良いなと思います。

    さてこんな長文に最後までお付き合い頂きありがとうございました。
    もし作品の感想などありましたら、是非とも作者様の方にお手紙でも書いてみてください。とりあえず呟いてみてもいいですが、その想いが強いのであれば、文字に起こしてみるのもなかなか乙なものですよ。

    アイコン天一書房日吉店 コザショテのリクヒロ 様
  • カドカワBOOKS6周年おめでとうございます!
    新文芸を任された当初は「新文芸とはなんぞ??」と初心者の手探りの状態でしたが、その面白さに触れたらページをめくる手が止まらず、新たな物語の世界へと連れて行ってくれました。
    アニメ化されている 『聖女の魔力は万能です』 もその一つですが、WEB版からさらに加筆がされていたりするので、変更点や追加点をじっくり堪能しながら違いを楽しめるのも魅力ですね。二倍お得だな…と感じています。そしてインテリ眼鏡様の登場が多くなった時はトキメキを隠せませんでした…。
    コミック脳だった私を活字愛に目覚めさせたのは、間違いなくカドカワBOOKSの書籍たちです!
    これからも10年15年と続く新文芸の魅力をお伝えできるように、盛り上げていきたいと思います。
    改めて、6周年おめでとうございます。

    アイコンブックポート大和店 飯島 様
  • 6周年、心よりお祝い申し上げます
    私がライト文芸担当になってから、同じく6年となります。
    私がライト文芸全般で初めて買った作品が 『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』 でした。
    WEBでも読ませて頂いており、書籍化された時はうれしかったのを記憶しております。キャラクターのイラストも素晴らしく、一層世界観に引き込まれました。
    WEBとは違う書籍だけのオリジナル展開も毎巻楽しみにさせて頂いております。
    書籍版は途中でロゴが変更になり、1からから買い直したのがいい思い出でもあります。
    微力ではありますが、カドカワBOOKS作品のみならず、御社の今後ますますのご繁盛をお祈り申し上げます。

    アイコン宮脇書店亀岡店 斉田 様
  • おすすめ作品:『冒険者ギルドの喫茶店
    カドカワBOOKS創刊6周年、おめでとうございます。スカッとする話も好きですが、悲しい思いをした獣人の女の子が、食いしんぼうなモフモフ達と新しい場所で自分の幸せを見つけて前を向いて歩いているこの話が好きです。まだまだ、過去の謎が多く、過去の因縁とどうやって戦っていくのかが楽しみです。 

    アイコン有隣堂横浜駅西口店 井上 様
  • カドカワBOOKS6周年おめでとうございます!
    今回はコミカライズもされた 『鍛冶屋ではじめる異世界スローライフ』 をお勧めさせてもらいました。
    異世界転生モノですが、冒険モノではなく、のんびり鍛冶をしながら世界に影響が出てくる展開が面白い作品となっています。主人公がおっさんなのも良い味をだしていて、少しづづ仲間が増えていくのがあっさり読めるようになっています。
    ほのぼの展開なので、ハラハラするような事はあまりないのですが、それもまた良いので、お勧めします。
    これからも、名作が生まれるのを楽しみにしております。

    アイコン有隣堂横浜駅西口店 茂木 様

カドカワBOOKS6周年特設サイトを
SHAREしよう

イラストレーター

イラスト/阿倍野ちゃこ、輝竜司、狐印、shri、珠梨やすゆき、とよた瑣織、藤実なんな